ノーサイドゲーム5話のネタバレや感想!吉田沙保里が女優として出演

スポンサーリンク
ノーサイドゲーム

ドラマ「ノーサイドゲーム」は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人が、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することになり、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられ、低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた男がが再起をかけ、戦っていくドラマです。
 
 
第5話では、君嶋GMの経営戦略と柴門監督の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。
 
 
しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長のある関係性があった。それに気づいた君嶋は元上司・脇坂に調査を依頼する。
 
 
今回は、「ノーサイドゲーム」第5話のネタバレあらすじと結末、そして、感想についてもお伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「ノーサイドゲーム」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Paravi(パラビ)は登録月が無料です。
「Heaven?」「凪のお暇」「警視庁ゼロ係4」などの最新ドラマも配信中。
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

「ノーサイドゲーム」1話から最新話までのネタバレと感想

「ノーサイドゲーム」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 
ノーサイドゲーム1話のネタバレあらすじと結末!感想も
 
ノーサイドゲーム2話のネタバレあらすじと結末!感想も
 
ノーサイドゲーム3話のネタバレあらすじと結末!感想も
 
ノーサイドゲーム4話のネタバレあらすじと結末!感想も

ノーサイドゲーム5話のネタバレあらすじと結末

滝川常務とカザマ商事との癒着?

トキワ自動車とカザマ商事が合併する事が新聞に載ったのは、滝川常務(上川隆也)自身が自分の権力を見せつけるためにリークしたものと思われますが、企業と企業の合併話はとても繊細なもので、トップシークレットとなることは普通。契約の締結をする前に情報が洩れれば、合併話がご破算になることも十分に考えられます。それなのになぜ滝川常務は情報をリークできたのか?

 

そこで君嶋(大泉洋)は、滝川常務とカザマ商事の社長(中村芝翫)の間に、ある共通点を見つけます。2人は同じ大学の同期だったのです。

 

2人の間に個人的な関係があり、滝川常務はこの合併話がなくなる事はないと言う絶対的自信があったのではないか?そう考えた君嶋は、元上司の脇坂(石川前)に調査を依頼します。

 

 

サイクロンズと優勝争い

リーグ戦が始まってから、アストロズは絶好調で連勝を続けています。13連勝して、サイクロンズと優勝争いをすると言う活躍ぶりです。

しかし今年のプラチナリーグは、一強15弱。もちろん一強はサイクロンズのこと。サイクロンズだけが飛び抜けて強いのです。ですからここまでアストロズが勝ち続けているといっても、弱いチームの中でのこと。サイクロンズに勝つ確率は極めて低いと言うことです。

 

しかし柴門はあるとっておきの秘策を思いつきます。

それは“リロード“を徹底的に速くすること。

 

リロードとはタックルなどで倒れてから、起き上がって試合に戻るまでの時間のこと。ラグビーの試合では何度も地面に倒れこみます。倒れて休んでいる時間をいかに短くして、次のプレーに移れるか。サイクロンズはリロードに時間がかかっています。強さ故の余裕です。それに比べてがむしゃらに試合をするアストロズは、リロードの時間が短いのです。つまり、この時間はアストロズの方が数的優位に立てるのです。

 

このリロードの時間を短くするように徹底的に訓練すれば、勝機はある!と柴門は考えました。

 

柴門は徹底的にリロードの特訓をすると言って、レスリング場に特訓のお願いをします。君嶋がタックルが得意だと言う話になり、君嶋も特訓に参加することに。そして君嶋の相手として現れたのはなんと吉田沙保里さん!

合同記者会見

アストロズ対サイクロンの試合を前にして、マスコミが柴門とサイクロンズの監督・津田(渡辺裕之)の関係を面白がって煽り始めました。(2人は仲が悪くて、柴門は前のチームの監督をクビになっているので)

そこで試合前に、合同記者会見を行うことを君嶋は提案します。

 

会見で柴門は「徹底的に叩き潰します!」と啖呵を切ります。テレビでその様子を見ていた選手たちは、柴門の覚悟に胸を打たれ、ますます士気を高めます。

選手たちのやる気に火をつけること、これが君嶋の狙いだったのです。

サイクロンズ戦

いよいよアストロズ対サイクロンズの試合が始まりました。観客数は今季最高。合同記者会見で盛り上げたのが効いているようです。

サイクロンズは、アストロズのエースである里中に3人のディフェンスをつけると言う徹底的な押さえ込みを図ります。しかしアストロズの攻撃もなかなか検討しており、一進一退の試合展開です。しかしだんだんと力の差を見せつけられ、サイクロンズが押している状態。さらに捨て身のタックルを決めたアストロズの選手の本波が肩を脱臼してしまうと言うピンチ。

 

後半戦に入ると、柴門は思い切った決断をします。チーム唯一の日本代表の里村を下げて、代わりに佐々を入れたのです。今まで佐々は里村の陰に隠れて、全く試合出場できていませんでした。

 

ジュニアチームで佐々と同じ21番の背番号をもらった博人も大喜びです。

 

そしてこの柴門の采配は、大当たり。佐々のプレイは何度も観客を魅了します。

里村はオールラウンダーですが、佐々の武器はパス1つ。しかしそのたった1つの武器を磨けば、素晴らしい強みになると柴門は考えていたのです。

 

もともと、本波やテツ(高橋光臣)は、佐々のバスのスピードと飛距離は里村よりも上だということに気づいていました。しかし「いつも同じテンポでスピードのあるボールだけを投げるのでは試合では通用しない。もっとリズムを変えなければだめだ」と、テツは佐々にアドバイスしていました。佐々は自分の癖や弱みを知って、さらにパスの腕を上げてきていました。

 

試合終盤、疲れが見えてきたサイクロンズと、徹底的にリロードの練習をしてきたアストロズにはスピードに差が出始めます。

ゲームを支配し始めたアストロズ。しかし意地を見せて食い下がるサイクロンズ。壮絶な攻防戦が繰り広げられます。

 

ノーサイド

最後のワンプレイでトライを決めたアストロズですが、ビデオ判定となります。トライの前、足がラインから出ていたらトライは認められないのです。

 

ビデオ判定の結果は、“ノーサイド“。アストロズは負けてしまいました。

ノーサイドゲーム5話の感想

吉田沙保里さんの登場にびっくり!

突然の吉田沙保里さんの出演にびっくりしました。あのシーンは、特別必要ではなかったように思いますので、話題作りですね。

 

本物のラグビー選手も出ていると言うことで、今後も他にスポーツ選手の出演があったりするのかな?君嶋の奥さんの真希(松たか子)がFC東京のファンクラブに入ったと言う設定なので、FC東京のサッカー選手も出演したりしそうですね。

 

アストロズが強くなりすぎて夢がある!

今まで弱小チームだったのに、監督が変わるだけでこんなにもチームが強くなる事って本当にあるんでしょうか?惜しくもサイクロンズに負けてしまいましたが、本当にどちらが勝ってもおかしくないような試合展開でしたね。日本代表が9人もいるチームに対して、後半戦は唯一の日本代表の里村を下げてのメンバーで戦ったのですから、選手の個人技では圧倒的に差があったはずです。それなのにこの大健闘!

 

普通ならそんなこと不可能に思えますが、チームが躍進するための理由が、根性論だけではなく緻密な戦略として丁寧に描かれているので、「所詮ドラマだからなぁ…」と言う見方ではなく、本当にこんな下克上もあり得るんじゃないかと思わせてくれますね。とっても夢のあるドラマです!

ノーサイドゲームの見逃し動画を無料視聴する方法

「ノーサイドゲーム」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「ノーサイドゲーム」は、TBS・テレビ東京運営の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」第1話から最終回までの見逃し動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「Paravi(パラビ)」は、登録月が無料なので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「ノーサイドゲーム」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Paraviは登録月が無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

まとめ

「ノーサイドゲーム」第5話のネタバレあらすじと結末、感想についてお伝えしました。
 
 
第6話以降、どうなっていくのか、きになります。
 
 
もう一度、「ノーサイドゲーム」の動画を見たい方は、Paraviで見てみてくださいね。
 
 

▼今すぐ「ノーサイドゲーム」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

「ノーサイドゲーム」を今すぐ視聴


▼Paravi(パラビ)は登録月に解約すればお金は一切かかりません▼

 
 

タイトルとURLをコピーしました